■Baton & OMAKE Comics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
☆スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

☆同題ssTB・同題TB二次-VII


『よう、ジュニアくんに坊ちゃん、それから皆! 元気か?』
 ライアンが街を去って数日後に届いた近況報告のメール。
「意外にマメだな」
 変わらない様子に皆の顔が綻ぶ。
 イワンだけが青褪めて新しい雇い主との写真を睨んでいた。
「……お祖父さん」
「じゃあ、海の向うの大富豪って……」
/胃痛

     *―*―*―*―*

 家庭、組織、国。人は集合の元である事で己の位置を測り、安心する。
「僕も例に漏れないと云う事ですね」
 好敵手で、仲間でもある僕達の集合。
「良いじゃないですか。お陰で人が人を大切に思う気持ちが解るんだから」
 同窓も集合の一つですね、と微笑う歳下の先輩は意外に頼もしい。
/集合

     *―*―*―*―*

「しっかし街中が蟹だらけだな。女神の祭っつうか蟹祭り?」
「この街の名物です。蟹グッズに蟹料理」
「あの神話からの流れで食っちゃうの?」
「美味しいですよ。蟹すき、天婦、刺身、焼き蟹。大きな動く蟹看板が目印です」
「……パレードに食い倒れ太郎が混じってやがる」
/かに

     *―*―*―*―*

 能力の相性が良さそうだった。息も合う。良いコンビになる自信があったんだ。
 けど、それは一人じゃ無理だ。
 だから置いて来たのに、なに俺を追い越してオーナー助けてんの。
「ライアン!」
 言われなくたって判るさ。
 悔しいねぇ。頼られるのが嬉しいぜ。
「俺に指図すんなっつーの」
/照れ隠し

     *―*―*―*―*

 お前がいなくなった時、能力が減退した時。もう終りかなって思った時は何度かあった。
 けど相棒も仲間も居て。今まで守ろうとしてきた街の奴らに支えられて、何とかやってるよ。
 人生に節目はあっても最終回なんてのは無いもんさ。だから悩んで迷って、これで良いのかって自問自答しながら精一杯走り続ける。
 これからもヒーローやりながら、な。
/最終回

2014/05/27(Tue)