■Baton & OMAKE Comics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
☆スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

☆同題ssTB・同題TB二次-V


『ローズ&ドラゴンと巡るシュテルンビルト』
 そんな地域振興VTRが作られた。
 街中をふたり旅のように紹介する単純なものが、記録的な売上となる。
 ドラゴンキッドの可愛らしさは勿論、素ではしゃいだ後に少し照れながら本来のキャラに戻る女王様の新たな魅力に、市民は虜だ。
/ふたり旅

     *―*―*―*―*

「99.5°Fですね」
 体温計を読むバニーにきょとんとしていると、
「37.5℃。微熱です」
 折紙が背中から顔を出す。
「ドリール度だと?」
「93.75 °D……って何百年前の話ですか」
 歓談してるとこ悪いが、アカデミー漫才はやめてくれ。おじさん余計に熱出ちゃう。
/37.5℃

     *―*―*―*―*

 それはカタパルト発射がまだまだ実験段階だった頃。着地点を見誤った結果、施工中の建物に突っ込んでしまった事があった。
 幸運だったのは、そのビルの所有者がロックバイソンのファンだった事。
 不運だったのは、ヒーロースーツがまだ固まっていないコンクリートに埋まった事だ。
「幸運だろ。見てみろよ、このプレート。ロックバイソンの印象化石だってよ。喜ばれてんじゃん」
「俺は未だ現役だ」
/印象

     *―*―*―*―*

 怖い夢を見たと少年が泣く。また両親が殺された日の記憶を上塗りせねば。
 頭を撫でながら思い出すのは、伝説を打ち立てたヒーロー。不正の記憶を何度消そうと、消える事のなかった良心の呵責に苛まれ酒に溺れ、つい先日死んだと耳にした。
 君も同じ道を辿る気かね、バーナビー。
/オーバードーズ

     *―*―*―*―*

 例えば突然の事故に巻き込まれて命の危機に晒されたとき、この街の人は神様ではなくヒーローの名を呼ぶ。
 それは諦めに似たお祈りでも、最期に見る優しい幻でもない。本当に本物のヒーローが居ると知っているから。
 希望を捨てさえしなければ。
「来たぞ、ワイルドタイガーだ」
/優しい幻

2014/05/24(Sat)