■Baton & OMAKE Comics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
☆スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

☆同題ssTB・同題TB二次-IV


 夏の夜は満天の星、クリスマスには決まって雪が降った。
 庭は常に花で溢れ、ありふれたお茶やお菓子がとびきり美味しくなる。
 祖父母は憧れの魔法使いだった。
 だからその名は誇りだ。いつしかキング・オブ・ヒーローの影に隠れた二つ名。風の魔術師。
 魔法使いに必要なのは王の笏ではなく魔法の杖なんだ。
/憧れの

     *―*―*―*―*

「くっだらねぇ。吐き気がするね。なぁ、ヒーローなんて辞めちまえよ、坊主。そんで俺達の仲間になんな。お前ならきっと優遇されるぜ」
「わたしの前で他のコを口説かないでくださいまし、ジェイクさま。けれども忍者くんを引き込むのには賛成ですわ」
 誰が、と言いかけたイワンに、湯気立つ緑茶の注がれた湯呑みが突き出される。
「毒を以て毒を制す。この街────いいえ、世界中を解毒するには効果的でしょう」
「何の事か解んねぇって面だな。お前、それ重症よ?」戯けて大笑いしたかと思えば、向けられる視線には鋭い殺気。「いいか、お前らヒーローがNEXTの在り方を歪めてんだ。手前で手前の首も仲間の首も絞めてよ」
「僕たちは……何も」
「貴方達がこの街にばら撒くものの所為で、私達一般のNEXTまで皆、"ヒーローのように"聖人君子であることを求められる。ただ人で在りたいだけなのに。──それはね、」
 正義と云う名の。
/偽薬

     *―*―*―*―*

「性別転換NEXTが出たぞ!」
「ボクかけてもらいたい」

「惚れ薬NEXTが出たぞ!」
「わ、わたしは別に」

「発情させるNEXTが出たぞ! アントンと折紙は特に気をつけろ」
「お前もな」

「毎分三㌧のパウンドケーキを作るNEXTが」
「サマンサおばさん!」
/ご都合NEXT

     *―*―*―*―*

 伝説の虚像。歴史の大部分がそうであるように。
「格好良いっすよね。貫禄があって」
「造りは素晴らしいと思います」
 この男にはレジェンド像を見上げる私がどう映ったのか。
「では、仕事がありますので」
 向ける背に微かに届く声。
「おじさん、管理官さんにレジェンドの話題は……」
「絶対ファンだって。俺には判る」
────どちらを否定したものか。
/禁句

     *―*―*―*―*

「いいか、後ろの孔を指で抑えて咥えないとだな……」
「あら、何だか卑猥」
「チーズが出るって話だろ!」
「……ま、抜けたらお得意のマヨネーズ注ぎゃ良いんじゃね?」
「それは下の口からかい、それとも上の────」
「好きにしろ!」
「最低」
「僕たちは板蒲鉾タイプにしましょう」
/チーズかまぼこ

2014/04/18(Fri)