■Baton & OMAKE Comics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
☆スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)

☆同題ssTB・同題TB二次-II


 草木も眠る丑三つ時。屋敷の地下室に響く物音。
「ふむ、針が通り難いな」
 しかし強度は十分だろう。
「さて、次は…」
 裁縫道具を脇に置いて、筆に手を伸ばした。
 再び物音だけが室内に響く。
「完璧だ」
 手形の模様が描き入れられたマスクを青緑の電灯に翳し、男はほくそ笑む。
/午前三時
 実に怪しい光景だったが、それを指摘する者は誰もいなかった。

     *―*―*―*―*

「いえ……私のこれは寝不足からくる隈ではなくて」
 トレーニングセンターに来る度、何度この台詞を口にすれば済むのか。
 血行を良くするマッサージのメモ、美容アイマスク、良質な睡眠の為の料理レシピ。
 お節介な彼らに持たされた我楽多と共に、ヒーロー管理官は今日も帰路に着く。
/寝不足

     *―*―*―*―*

 NEXTに対する風当たりの強い中、助けた人に化物と罵られ、能力の減退に苛まれながらも、身を呈して他人を助け続けた人。
 救いようのない馬鹿な男だった。八百長までして、最後は酒に溺れて。
 けれどその姿は確かにこの街の希望になった。
 市民は今も彼を伝説のヒーローと呼ぶ。
/ひとすくい

     *―*―*―*―*

 大量の飴玉が降って来て「駄洒落のNEXTよ」とのアニエスの説明を理解した。
 その日は雨だったのだ。
 ローズとファイヤーはバイソンの影に隠れ、飴の品評会。
 キッドは巨大な盥を取り出しブーメランのように操って飴を集め、拍手喝采アンコール。
「あー……犯人捕まえて良いか?」
/あめ

     *―*―*―*―*

 俺は高い所が大好きだ。
 スカイハイみたいに好きに飛び回れるわけじゃないが、カタパルトで打ち上げられ、高速で上がって落ちる感覚は病み付きさ。
 俺は飛ぶ。飛べない牛はただの牛だ。
 だから
「は、早く……、早くして。……ぅわぁあああ────ッ!!!!」
/自己暗示

2013/11/23(Sat)